蘭 らん ランの部屋
2001.2.13開設
ページ更新


いらっしゃいませ!現在名様目の訪問者です!

九州パフィオ同好会情報
随時、ブログにて更新中

「蘭 らん ランの部屋Ⅱ」のサイト内検索は、こちらから。

Google
ウェブ全体から検索 蘭 ラン らんHP内を検索
「蘭 らん ランの部屋Ⅱ」では、カトレア Cattleya、パフィオペディルム Paphiopedilum(パフィオペディルム亜属・シグマペタルム亜属・ブラキペタルム亜属・ポリアンサ亜属・バービセバルム亜属・整形交配)、フラグミペディウム Phragmipedium、デンドロビューム Dendrobiumを始めとする蘭の写真(温室探訪)や栽培の基本・珍しい水耕栽培(腰水栽培)など沢山の情報を紹介しています。
オーキッド・ベースなどのコンポスト(植え込み材料)の実験結果も載せています。

皆様のご意見を沢山お待ちしています。
ウキパフ
余剰株コーナー  
温室探訪 2017.08.12更新
投稿コーナー 2002.05.25更新
パフィオペディルム属 2017.08.12更新
フラグミペディウム属2015.06.27更新
デンドロビューム属 2015.06.27更新
園芸資材
                                 

イベント情報


蘭展情報
  
熊本秋の洋らん展・・2017年11月3日(金)~5日(日)熊本動植物園

  熊本春の洋らん展・・2018年3月2日(金)~4日(日)熊本動植物園

  ORCHID EXHIBITION FUKUOKA
           ・・2018年(日時未定)平田ナーセリー小戸店


  ☆☆その他蘭展情報/JOGA☆☆

【熊本洋らん会月例会
 原則、毎月第二日曜日10時~ 熊本市動植物園開催しております。入会されていない初めての方でも見学を兼ねて参加出来ます。

 *変更もありますので、見学希望の方は事前にメールでお問い合わせ下さい。

【九州パフィオ同好会
  ●第33回九州パフィオ同好会・・2017年12月23日(土)小倉東農事センター

  第34回九州パフィオ同好会・・2018年2月12日(月)小倉東農事センター
                   (第61回北九州洋蘭展も同時開催予定)

  ●第35回九州パフィオ同好会・・2018年3月21日(水)小倉東農事センター

栽培環境
温室の紹介2013.05.18更新 無菌培養への挑戦 パフィオ・フラスコ出し奮闘記
栽培環境(温度・湿度等)2006.02.20更新 ミクランサムの栽培方法2007.02.04更新 パフィオ・フラスコ出し奮闘記その後2006.01.21更新
基本的な栽培方法2010.10.05更新 蘭の栽培方法2007.11.24
カトレア・デンドロビューム・リカステ
パフィオペディルム・ツニア
パフィオ・フラスコ出し実験室2004.04.10更新
フラグミペディウムの水耕栽培 パフィオ・コンポスト徹底比較実験室2004.12.29更新
水耕栽培その後の経過(奮闘記) 2004.05.21更新

です。が

 今年は異常気象の年のようです。豪雨・竜巻で被害が続出し、台風が追い打ちと自然が猛威を振るっています。また、酷暑の年でもあるようです。
 洋蘭・ネペンテスもクール系は、徐々に元気を無くして消えていくものもあります。非クール系も元気が無く成長にブレーキがかかったいるようです。
 雨天以外の晴天時には、植物自体と鉢内の温度を下げる為には毎日の夕方のシャワーがかかせません。
 休みの時は、通路に水を撒くなど忙しい日々が続いています。今朝は久しぶり涼しさで秋の気配すら感じました。
 久しぶりの更新で、温室探訪は「7月・8月」を纏めてUPしました。
 EM菌(液)を作ったものを1,000倍に希釈して1~2週間に一度、潅水を兼ねてシャワーしています。

【最近の情報・話題など】

 第二回目の
ORCHID EXHIBITION FUKUOKAも盛況で終わったようですが、熊本でも平田ナーセリと熊本らん会で開催しょうとの動きがあり楽しみです。

【水耕栽培】
 
フラグミのコバチも水耕栽培で
順調に育っています。最近はEM菌(液)を作って水耕栽培のトレーに入れ始めました。おかげさまで、EMを使用する前の、夏場は毎週水の入れ替えが必要でしたが、今の所、二週間経っても清掃を兼ねた水の入れ替えをしていません。

【温室の環境】
 昨年の台風で遮光材が飛ばされた事から、
今年の春に遮光用のパイプを温室を包むように外に蒲鉾型で組み立てました。台風が来ても外側の遮光材(市松シルバー45%)はがっちりと貼り付け、内側の遮光材(クールホワイト65-70%)も簡単に収納出来るように工夫しました。温室からパイプで遮光の間隔を1mくらい外側にしたので、夏場でも温室内の温度は外気と同じになりました。扇風機が6フル回転していますので、外の体感温度よりは温室内の方が涼しく感じます。

【遮光材】
 外に45%市松
模様シルバー1枚とクールホワイト(65-70%)を1枚を張っています。

【潅水と施肥】
 潅水は、
液肥を兼ねて週一回です。(秋~春は、週の間に活力剤を潅水)

【植え込み情報】
 春(2017年)に植え替えましたので、次は2019年です。


【その他情報】
 2016年11月に異常発生した数ミリのカタツムリ(外来種?)は、暑さに弱いのでしょうか。最近見かけなくなったのですが、涼しくなると活動を始めるかも知れませんので、秋に散布が必要かと。

【開花情報】
 異常に気温が高いので、秋以降の開花に影響が出なければよいのですが、クール系は時化が目立ちます。


【栽培情報】
カトレア・デンドロビューム・リカステ・パフィオペディルム・ツニア
栽培方法をUPしています。


【リンク情報】

九州パフィオ同好会についての情報発信をブログに変更しています。
2006.06.18更新
皆さんから寄せられた、ご質問に対する回答を載せています
リンクコーナー2015.09.12更新
蘭などの面白い栽培方法のリンクをどしどしメールでお寄せください  只今募集中!!☆☆

ホームページに関する、お問い合わせは下記のフォームにご記入下さい。

<お問い合わせの内容>


<以下、差し支えなければご記入下さい>


お住まいの地域


お名前


送信ボタンをクリックして下さい。
(問い合わせの内容は、メールソフトを使用
して送信されます。確認メッセージが出たら
「OK」と「はい」のボタンを押下して下さい)
★★送信出来ない場合★★
ご使用のメールソフトやInternet Explorerの
バージョンが古い場合は、このフォームで送
信出来ない場合がありますので、ご迷惑をお
かけしますが、ご使用のメールソフトから入力
下さい。